【ペット】お悔やみのメッセージ文例・友人にかける言葉や贈り物の選び方

ペット

友人から「実は、うちの飼っている大切な○○が天国にいっちゃったんだ。」と知らされた時、あなたならなんて言葉をかけてあげますか?

家族同然の可愛がっていたペットを亡くした友人が、つらく悲しんでいる時、その悲しみを少しでも和らげてあげるメッセージを送ってあげたいですよね。

でもなかなかいいメッセージが浮かばないことがあります。

ペットを亡くした人の心の整え方や少しずつ心が穏やかになっていくスピードは、人それぞれ違うので、友人のことを考えれば考えるほど、言葉が出てこなくなったりもします。

そっとしておいてほしい人。

声をかけてほしい人もいるでしょう。

今回は、大切なペットを亡くして悲しい思いをしている友人に、少しでも気持ちに寄り添えるメッセージの文例を集めてみました。

そしてメッセージ以外に、おすすめの贈り物も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

ペットを亡くした友人がもらってうれしいメッセージ

ペットを亡くした友人に、どんなメッセージを送ったら、悲しみを和らげてあげられるのでしょうか?

何よりも、友人の気持ちに寄りそってあげることが大切です。

さまざまな場面に合わせた、ペットを亡くした友人に送るメッセージををご紹介します。

スポンサーリンク

事故などで急にペットを亡くしてしまった場合

・突然のことで私もショックです。悔しいね。でも、優しい○○さん(飼い主さん)と過ごした時間は幸せな時間だったと思うよ。

・○○さん(飼い主さん)と過ごせた時間は幸せだったと思う、ご冥福をお祈りします。

・○○さん(飼い主さん)とワンちゃんが過ごした時間は一生の宝物だね。

・ワンちゃんは家族の一員だものね。家族を失って悲しいけど、たくさんの楽しい思い出をもらったね!

ペットを老衰で亡くした場合

・大切に育てたから、こんなに長生きできたんだね。幸せだったと思う。

・こんなに長い間、一緒に過ごすことができて、幸せだったと思う。

・大往生!すごいことだと思う。「長生きしてくれてありがとう」だね。

・こんなに長生きできて、幸せだったと思う。今は悲しいけど、〇年も一緒にいられたことを忘れないで前を向いていこうね。

・たくさん愛されて育ててもらって、ワンちゃんは本当に幸せだったと思う。

闘病生活が長かった場合

・お仕事しながらの看病で大変だったね。ワンちゃんも最後まで病気と闘ってえらかったね。

・ワンちゃんも最後まで頑張ったね!○○さん(飼い主さん)が最後までそばにいてくれて安心だったんじゃないかな。

・最後まで○○さん(飼い主さん)と一緒にいることができて、きっと幸せだったと思う。

・悲しいけど、最後までそばで見送ることができて良かったね。

・そばでいつも見守っていてくれて○○さん(飼い主さん)に感謝してるんじゃないかな。

・今は天国で他のワンちゃんたちと一緒に楽しく遊んでるよ。

看取ることができなかった場合

・天国に旅立つ姿をそばで見た○○さん(飼い主さん)は、悲しみに暮れちゃうと思って、あまり悲しませたくないというワンちゃんの気遣いではないかな。

スポンサーリンク

ペットを亡くした友人に声を掛けづらいとき、何かできることはない?贈り物がいい?

「ペットの話は今はまだしたくないの、涙が出てつらいから。」

そんな悲しみの中にいる友人には、そっとしておいてあげたいと思います。

でも、そっとしておいてあげるって放っておいてるだけな気がして、友人に何もしてあげられない自分に、歯がゆい思いもします。

何かできることはないかなと思う時はありませんか?

そんな時は、お供えになるものを贈りましょう。

フラワーアレンジメント

・ワンちゃん用のかわいいお線香

・ワンちゃん用のかわいいロウソク

・友人のワンちゃんのお顔の写真を、フォトフレームに入れてメッセージを添えて贈る

・愛犬家の間ではよく知られている「虹の橋」の詩をメールで贈る

ペットを亡くした悲しみはそう簡単に癒えるものではありませんが、お供え用のギフトを贈って、少しでも元気づけたいですよね。

メッセージを添えることも忘れずに!




ペットを亡くした飼い主の心を救う「虹の橋」とは

ところで、愛犬家の間ではよく知られている「虹の橋」って知っていますか?

「虹の橋」は、神話的な場所のことで、ペットを亡くした飼い主のあいだで知られるようになり、最初はアメリカから始まり世界中に広まりました。

日本でも翻訳されペットを亡くした飼い主の心を癒している詩のことです。

作者は不明ですが1980年代頃に作られたとされています。

虹の橋は、3部に分かれたお話がありますが、1部のお話が一番有名です。

その1部の要約した詩の内容は。。。

天国の手前には虹の橋があり、亡くなったペットたちはその虹の橋のたもとですごします。

そこには、緑の草原が広がり、水や食べ物も用意され、元気な体を取り戻して、仲間と楽しく遊びます。

そして、飼い主が天命を全うし、天国に向かう時にこの場所で再びペットと会い、虹の橋を一緒に渡って天国に行くという詩です。

「虹の橋」の詩を贈って、ペットを亡くした友人の心が癒されるそっと見守る贈り物になればいいかなと思います。

ペットを亡くした友人に言ってはいけない言葉

・「かわいそう」

・「残念だったね」

・「みんないつかは死んでしまうからね」

・「新しい犬、飼えばいいんじゃない?」

・「そんなに泣いてたらダメだよ、天国に行けないよ」

・「あの時、○○してあげれば良かったのに」

・「犬が亡くなったくらいでそんなに落ち込まないで」

ペットを飼っていなかったりすると、ワンちゃんを亡くした友人の気持ちもなかなかわからなかったりもしますが、できるだけ気持ちに寄り添える言葉をかけてあげられるといいですね。

まとめ

ペットを亡くした友人へのメッセージを考えるときは、言葉は少なくても、なによりも心に寄り添える言葉を選ぶように、心掛けたいですね。

声も掛けづらい時は、メッセージを添えた贈り物をするのがおすすめです。

温かい言葉で声をかけて、少しずつ笑顔を取り戻してもらえるようなお手伝いをしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました