本ページはプロモーションが含まれています
PR

イチゴの育て方!プランターでできる初心者も簡単ベランダで鉢植え

アフィリエイト広告を利用しています
暮らし

イチゴの育て方!プランターでできる初心者も簡単のベランダでできる鉢植えについてご紹介します。

2022年3月22日(火曜日)日本テレビ放送の「バゲット」では、ベランダでも栽培できるこの春人気のフルーツ「イチゴ」の栽培に挑戦しました。

イチゴはちょうど今、植え時です。

皆さんイチゴの季節というと、いちご狩りやいちごフェアなどで冬のイメージをお持ちの方もいると思います。

そのイチゴは主に冬でも収穫できるハウス栽培の秋植えイチゴです。

実は初夏から秋に収穫できる今、植えて楽しめる春植えいちごもあります。

今回は、バゲットガーデンアドバイザーの深町貴子さんが教えてくれた、家庭菜園でも人気のイチゴの育て方です!

ベランダで簡単にプランター鉢植えでできるので初心者にもおすすめです。

スポンサーリンク

イチゴの育て方【初心者OK】プランター栽培のコツ

イチゴ苗に植え付けをします。

園芸店に行ってみるとイチゴの苗の種類がたくさんあります。

スポンサーリンク

イチゴの苗の選び方

上手な苗の選び方を見ていきましょう。

春植えいちごの種類収穫時期
一季なり初夏
四季なり 初夏〜秋

春植えイチゴには初夏に収穫できる「一季なり」と

初夏から秋にかけて長く収穫できる「四季なり」があります。

四季なりにもさまざまな品種があり、

初心者には「病気に強くて丈夫で育てやすいもの」を選ぶと良いそうです。

バゲットガーデンアドバイザーの深町貴子さん曰く、イチゴの苗は花がついているものを選ぶと早くから収穫が楽しめるそうです。

バゲットガーデンでは初心者におすすめの

「なるあま(ペチカ)」四季なりいちごを選びました。

\はじめての方におすすめ/


暑さに強くたくさん獲れて、大きくて強い甘味が特徴のいちごです。

いちごの苗の植え方

次は簡単にできるイチゴの苗の植え付けです。

準備するもの
  • いちごの苗を2つ
  • プランター(深さ約20㎝、幅約40㎝くらい)
  • 培養土(いちご用か花や野菜用)
  • 鉢底石
  • ヤシの繊維

苗を2つ植える場合

プランターは深さ約20㎝、幅約40㎝くらいのものを用意します。

そしていちご用か花や野菜用の培養土、鉢底石、園芸店なので売っているヤシの繊維を揃えたら準備完了です。

いちごの苗の植え方手順

①プランターに鉢底石を2㎝ほど敷く

②プランターの縁から約3㎝下まで培養土を入れる

③プランターの縁寄りに穴を2つ約20㎝離して掘り、苗を植える

◆2株花が咲いている向きを揃えて植えると同じ側に実ができます。

※イチゴは花の中心部分に実ができるので、花の向きをそろえてプランターの縁寄りに植えておくと実がなった時、縁から垂れて見た目が良くなります。

ちなみに苗に花が咲いていない場合はどの向きに花が咲いてもいいように中央に植えるのが良いです。

◆株元を見るとギザギザしている部分があります。

王冠みたいに見えることから、「クラウン」と呼ばれているのですが、この中から新芽や花が出てくるので、クラウンが土に埋まらないように植えていきます

※クラウンを埋めてしまうと成長が阻害されるので注意が必要です。

④ヤシの繊維を培養土の上にまんべんなく敷きます

 こうしておけば葉裏や実に土がつかなくなり病気になりにくくなります。

⑤ヤシの繊維が飛ばされないように、髪留めで使うUピンや針金などで5か所ほどとめる

⑥プランターの底から水が出るまでたっぷり水をやり、日当たりの良いところに置く

スポンサーリンク

イチゴの育て方!受粉は成功のカギ

ミツバチなどを呼び寄せつつ、春らしくガーデンが華やかになる一石二鳥の技をお伝えします。

成功のカギは受粉にあります

イチゴは受粉が成功しているから実ができます。

うまくいかないと形の悪いイチゴができてしまいます。

こうならないためには、虫がちゃんと来ることが大事です。

イチゴの花の受粉はミツバチなどの虫や風によっておしべの花粉がめしべについて行われます。

そのため、虫を呼び寄せるために一緒に花を育てましょう

花に虫を呼び寄せて受粉をさせるのです。

イチゴの育て方【イチゴと花の寄せ植え】

イチゴのプランターのそばで、蜂を呼ぶ春の花を寄せ植えします。

ミツバチの大好きな黄色や香りの良いものがおすすめです。

そこにピンクの花や、葉が若草色のものを加えると春らしい寄せ植えになります。

バゲットガーデンで寄せ植えするのに選んだお花は

  • 淡い黄色の「マーガレット」
  • 春らしいピンクの「マーガレット・シンプリーコーラル」
  • 鮮やかな黄色の花と甘い香りが特徴の「コロニラ・バレンティナ・バリエガータ」

マーガレットは花が大きくて虫が見つけやすく、触ると花粉がいっぱいつくので虫がよりやすく◎

\淡い黄色のマーガレット/


\マーガレットシンプリーコーラル/


コロニラバレンティナは香りがあり色が濃い黄色なので、組み合わせとしてはとても良い◎

コロニラ・バレンティナ・バリエガータ


春色コーデバッチリの寄植えに仕上がりました。

イチゴの育て方【人工受粉の場合】

アスファルトだけの都心部やマンションの高層階など、虫の少ない環境の場合はきれいな実ができにくいため人工受粉が必要です。

きれいな実がなる人工受粉はどうすれば良いのでしょうか?

【用意するもの】

梵天(ぼんてん)付きの耳かき、または柔らかい筆があればokです。


いちごの花が咲いたら花粉の出る朝のうちに、梵天や柔らかい筆で花の周りをくるくると優しくなでます。

たったこれだけです。

こまめにやるほど実ができます。

スポンサーリンク

イチゴの育て方!プランターでできる初心者も簡単ベランダで鉢植えまとめ

バゲットガーデンアドバイザーの深町貴子さんが教えてくれた、家庭菜園でも人気のイチゴの育て方は、ベランダで簡単にプランターで育てられるので初心者にもおすすめです。

イチゴの苗は初心者におすすめの「病気に強くて丈夫で育てやすいもの」を選んで、大事に育てておいしいイチゴを収穫しましょう。

ぜひおうちでイチゴを育ててみてはいかがですか。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました