菅田将暉の髪型はなぜあんなに変わるの?役作りなのか調査【めざましテレビ】

エンタメ

6月8日(火)フジテレビ系列のめざましテレビ「The 軽部真一」のコーナーでは実力派俳優、歌手としても活躍されている菅田将暉さんとの対談でした。 

軽部真一アナウンサーが菅田将暉さんへ、役の作り方だけでなく30代からの未来像も聞き出していました。

この記事ではめざましテレビで菅田将暉さんが語った

「髪型はなぜあんなに変わるの?」

「役作りなの?」

に答えていたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

菅田将暉の髪型はなぜあんなに変わるの?役作りなの?

菅田将暉さんはキャラクターを生み出す天才です。

髪型が役によってさまざまに変化しています。

菅田将暉さんといえば今までコロコロと髪型を変え、その度にSNSなどで話題に上がるほどです。

2020年8月、オールバック風の髪型で登場したイベント。

2020年9月、およそ一か月後には今度は別人のような髪型で登場しています。

実はこの髪型の変化こそが俳優菅田将暉の役作りの秘訣だったんです。

クランクイン1週間ほど前には美容室に行って、新しい髪型に変わっていく時間を大事にしているそうです。

菅田将暉のキャラクター作りのこだわりとは?

軽部アナからの「それぞれの役にそれぞれの髪型を相当意識していますか?」

「俳優菅田将暉にとって髪型とは?」

の質問に菅田将暉さんは、髪型はとても大事だと答えていました。

見た目はその人の人生が反映されているので、演じるキャラクターに合わせて髪型を変えているそうです。

港町で自由奔放に生きる青年を演じた「溺れるナイフ」(2016年)では金髪

ミュージシャンを目指す青年を演じた「キセキーあの日のソビトー」(2017年)では少しウェーブのかかったショートボブ。

ボランティア活動をする大学院生役の「浅田家!」(2020年)では前髪が重ため。

「キャラクター」では万年アシスタントの漫画家役、伸び放題のようなボサボサヘアー。

北海道のチーズ工房で働く青年を演じた「糸」(2020年)ではさっぱりとしたショートカットです。

特に思い出に残っている髪型は、「糸」の髪型が新鮮だったそうです。

菅田将暉さんの友達の北海道出身のバンドマンがしていたこのような髪型を気に入り、この髪型に決めたそうです。

北海道の広大な大地で生きる生き物を想像し、チーズ工房で働く青年で長髪っていうのもなあ。。。

と思い決まったそうです。

スポンサーリンク

菅田将暉のキャラの作り方や髪型の秘密は?

実は菅田さんのショートカットの役は珍しいそうです。

その理由は意外な所にありました。

髪が伸びるのが早いそうです。

「よく髪型を変えるね!」と言われますが、菅田さんからしたら変えるのではなく変わっちゃうのだそうです。

ショートカットは維持するのが難しく、糸での髪型は週に1回は切っていかないと映像が繋がらないそうです。

髪型を変えることは菅田さんにとって作品に入る前のある種の儀式のようになっていて、クランクインの一週間前には美容室に行き、鏡で自分をあれだけ見る時間もないので自分をみつめ、そこで新しい髪型に変わっていく時間をとても大事にしているそうです。

菅田さんは作品のスタッフよりも親しい美容師さんと相談しながら髪型を決めていたんです。

そして美容師さんに役柄を話すことで自分も理解を深めているんだとか。

軽部アナから「菅田さんは髪型をよく変えていますが、役柄で体型を変える人もいます。

もしオファーが来たらどうしますか?」

という質問に対して菅田さんは

「過去にボクサーの役などポイントポイントではやっていますが、めちゃくちゃ体を大きくすることはまだやっていません。」

「体を大きくするのが体質的にすごく大変なのですが、期間さえもらえればやる」

という答えでした。

凄惨な殺人事件を目撃しその殺人犯を主人公にした漫画を描くことで売れっ子となっていく男を演じた菅田将暉さんの最新作キャラクター。

ボサボサヘアーの髪型以外にも菅田さんなりのキャラクター作りがあります。

菅田さんの漫画家のイメージは髪がボサボサで髭があって老けさせたかったので、髪型や無精ひげは自ら考案したそうです。

漫画家は1日2日で身につく技術ではないので役作りは大変で、Gペンや鉛筆、タブレットペンの使い方をプロに習い、本物の漫画家さながらの所作を完全マスターしたそうです。 

さらに役になりきるために撮影期間中は自宅に漫画家の専用スペースを作ってしまうほど。

大変だったけどワクワクしながら取り組め、漫画が大好きだからこそ憧れの仕事場に自分が行けた感じで豊かな時間を過ごせたそうです。

菅田将暉の考える個性とは

様々な角度から役のキャラクター個性を作り出す菅田将暉さん。

そんな彼には最近個性について考えることがあるそうです。

自分ではあまり個性がないなと思っていますが、めっちゃ好きなものもめっちゃ嫌いなものもなかったりするそう。

個人的には世の中の個性が薄れていると思っていて、撮影で学生のエキストラを集めた時にもみんな真面目でちゃんと制服を着て、綺麗でかっこよくて爽やかで真面目。

いいことなのですがちょっと物足りなさを感じ、これは何なんだろうと思うそうです。

スポンサーリンク

菅田将暉さんの未来像は?

来年2022年1月スタートの月9初主演ドラマ「ミステリと言う勿れ」では、オリジナルを意識したアフロヘアで臨みます。

彼は今どんな未来を見ているのでしょうか?

菅田将暉さんはまもなく30代を迎えます。

30代を意識して新しく目標や夢を持たなきゃとは思っているそうです。

それが今は何かわかりませんが、配信のドラマが増えて世界中で同じ物が見られる状況で世界中で絶賛される日本の作品を作れる環境であるのかなと思っています。

30代になった時に日本人の俳優として日本語作品で世界と勝負していくのかなと考えているそうです。 

ハリウッド進出ではなく日本の映画で世界で勝負したいという想いを語ってくれました。

菅田将暉の髪型はなぜあんなに変わるの?役作りなのか調査しました【めざましテレビ】まとめ

菅田将暉さんの役によってコロコロ変わる髪型は、髪型の変化こそが俳優菅田将暉の役作りの秘訣だったことがわかりました。

髪型の秘密は伸びるのが早くて、髪型を変えるのではなく変わっちゃうというのは知らなかったですね。

これからも菅田将暉さんの作品、その役柄の髪型、目が離せない俳優さんです。

これからの活躍が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました